30代の基礎化粧品は肌トラブルに合わせて選ぼう

年齢に伴う有効な化粧品

ウーマン

潤いを保つ肌のために

30代の肌の特徴として、20代と比べて水分量や皮脂の分泌が低下し、乾燥することが増えます。しかし、年齢が増えても潤いのある肌は保ちたいと多くの人が考えます。20代では油っぽい肌の人でも、30代以降は乾燥が同時に進むことがあります。そのため、皮脂の取りやすい洗顔料やサッパリする化粧水を使用し続けると、逆に肌を守ろうとして皮脂の分泌が進むケースがあります。30代が使用する基礎化粧品としては、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、それ自身が水分を取り込み、膨らむ様な働きの保湿成分が効果的です。そして、角質層の中まで染み込みやすい基礎化粧品を選ぶことが大切になります。ヒアルロン酸やコラーゲンが角質層の深部までしっかり浸透すると、角質層の内部で水分を吸収して膨らみ、潤いのあるふっくらした肌にしてくれます。美容液においては、コラーゲンをつくる繊維芽細胞に働きかけるものや、シミのもとになるメラニン色素の活動を阻止する基礎化粧品が人気です。30代は肌本来の成分や働きがまだちゃんと機能しています。多くの成分を配合したものを使用するよりも、肌本来の機能を促す基礎化粧品が効果的といえます。しかし、20代に比べて肌の表面が乾燥や蒸発しやすくなるため、フタの役目のクリームは、濃厚な質感のものが有効です。基礎化粧品に手間やお金を使える人なら、肌のくすみ対策と紫外線カットと保湿がいっぺんに可能な、下地クリームの使用するのも良いです。