30代の基礎化粧品は肌トラブルに合わせて選ぼう

この世代の肌の特徴とは

化粧品

ダメージを最小限にしよう

30代の肌には、20代までとは全く異なる特徴が表れるようになります。こうした変化に鈍感なまま、スキンケアの方法を変えないでいると、徐々に深刻な肌トラブルを引き起こしてしまいます。30代の女性は、この年代ならではの変化を敏感に感じとり、必要なスキンケアを行っていく必要があります。もちろん使用する基礎化粧品も変えることが大切です。30代の肌の特徴は、肌の乾燥が急激に進むということです。20代のころから、肌の内部の水分保持量は減少を始めています。しかしまだまだ水分量が多い時期に、それを実感するのは難しいものです。30代に入り、年齢を重ねると共にさまざまなライフスタイルの変化を実感する中で、徐々に変化は無視できないものになっていきます。水分量の低下を感じたら、できるだけ早い段階で保湿力重視の基礎化粧品に変えていきましょう。基礎化粧品の中には、30代の肌の特徴に特化したものも多くあります。中でもセラミドが配合されたものは保湿力が高く、オススメできます。また水分だけではなく、栄養分が不足し始めるのも30代の肌の特徴です。基礎化粧品は保湿力を重視して選ぶのがオススメですが、それ以外にもビタミンC誘導体やコラーゲンなどを重視してみてください。肌に良い成分が配合されていると、保湿ケアと共に一歩進んだエイジングケアをすることも可能になります。30代からの基礎化粧品選びに妥協は禁物です。これまで価格だけを重視してきた女性は、考え方を変えて質にこだわるのがオススメです。