30代の基礎化粧品は肌トラブルに合わせて選ぼう

ウーマン

年齢に伴う有効な化粧品

30代の肌は20代と比べて乾燥しやすくなります。そのため、保湿成分の優れているヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている美容液などの基礎化粧品が効果的です。美容液はシミ対策や繊維芽細胞に働きかけ、潤いを保つものが人気です。

化粧品

この世代の肌の特徴とは

30代に入ると、肌は急激に乾燥し始めます。この特徴に対応するため、保湿力を重視して基礎化粧品を選ぶと良いでしょう。セラミドの他、ビタミンC誘導体やコラーゲンが配合されていると、一歩進んだケアを実践できます。

お悩みに応じて選択

基礎化粧品

ライン使いがおすすめ

30代になると肌の水分や皮脂の分泌が減り始めます。20代までには感じたことのなかった肌の揺らぎやトラブルに見舞われる方も多くいらっしゃいます。そうした30代特有の肌をケアするためには、年齢に合った基礎化粧品を選ばなくてはなりません。30代の方が基礎化粧品を選ぶ際、まず注目すべきは肌悩みに応じたケアが出来るかどうかです。30代はほうれい線が目立ち始めたり、肌がくすみがちになったりとこれまでとは違う肌悩みが生じるケースが多いのですが、悩みの程度や種類に関しては個人差が大きいという特徴も持っています。このため基礎化粧品もご自身の肌の状態で気になる部分にスポットを当てたものを選ぶようにすると、失敗しなくて済みます。程度の差こそあれ殆どの方に共通している水分や皮脂の減少もカバー出来るような成分が配合されていれば、尚良いですね。水分量が減り乾燥しがちになることで、以前よりも肌が敏感になっている場合もあるので、刺激が少ないものを選ぶことも重要です。お気に入りが見つかったら、同じラインで基礎化粧品を揃えるのがおすすめです。共通する成分や効能を持つ基礎化粧品を使うことで、より効果を実感しやすくなります。継続は力なりというように続けることが大切ですので、負担にならない範囲で必要なものを揃えるようにすると良いでしょう。実際にケアを行う際には適量を用い、化粧品のパッケージ等に記載されている順番や方法に沿ってお手入れをするようにしてください。自分に合った基礎化粧品を使い、適切にケアすることで30代特有の肌悩みを改善しましょう。

鏡を見る女性

30代の肌の悩み

30代の肌と、10年前の肌はやはり違います。肌質によっても、使用する基礎化粧品が変わってくるため、もう一度化粧品の見直しが必要となるのです。自分の肌質を把握した上で、肌に適したスキンケアをして年齢肌対策をしましょう。